2017年03月23日

名古屋出張報告

こんにちは!
新丸ビル店管理栄養士の伊藤です。
東京は日中ずいぶんあたたかくなり、歩いていると汗ばむ季節となりました。
当店にも、冷たいジュースをお求めになるお客様が増えており、春が来たなあ〜と実感する日々です。桜の開花宣言もあっていよいよお花見シーズンですね。
ファイル_000 (1).jpeg
さて、そんな中、JR名古屋タカシマヤで行われた「春の大北海道展」に参加するためスタッフ2名で名古屋に行ってきました!

リトルジュースバーは定番のいちごけずりの他に北海道産マンゴー「摩周湖の夕陽」を使用したマンゴーけずりを提供しました。
ファイル_000 (2).jpeg
1日50杯限定でしたが、毎日あっという間に完売…ありがとうございました!
美味しいというお声もたくさんお聞かせ頂き、大満足のイベントでした。

百貨店の営業時間が終わると、お楽しみは晩ご飯!
名古屋の夜を少しだけ楽しむことができました。
名古屋っこが選ぶ名古屋メシベスト20というのをテレビ朝日でやっていたのですが…

1位味噌煮込みうどん
2位世界の山ちゃんの手羽先
3位ひつまぶし

など、甘辛い物が上位にランクインしています。

名古屋と言えば、名古屋城や岡崎城などお城が多くて有名ですよね。
城下町としての特徴が、食文化にも色濃く反映されているらしいのです。
どて煮や味噌煮込みうどんに欠かせない八丁味噌は、岡崎城から西に八丁離れた八丁村で仕込まれたことからその名が付けられたそうです。あまり県外へ出ることの無かった城下町特有の空間が独特の食文化を産んだのでしょうか。

また、お城の周りには老舗の和菓子屋さんが多く、名古屋の人にとって小豆は身近な食材のようです。
そのため、小倉トーストやしるこサンドが昔から人気なんですね。

ヒトは、濃い味を食べ続けていると次第に慣れて薄い味では物足りなく感じるようになります。
そのため、今も昔も名古屋では濃い味が定番なんですね!
ファイル_000.jpeg
味の濃い「どて煮」はお酒がとても進みます(笑)

ファイル_003.jpeg
台湾ラーメン、台湾焼きそばなどは、ピリ辛の挽肉がトッピングされているのが特徴で、台湾の方が考えたことからこの名前が付けられたそうです。

日本国内でも、札幌や東京とは異なる食文化が根付いており、短い期間ではありましたが体験できたことはとても勉強になりました。

夏に向けてリトルジュースバーは、イベント出店でにぎやかなシーズン迎えます。
またどこかに出張に行くことがあれば、現地の食べ物を皆様にご紹介できたらと考えています。
その時は、またお付き合い下さいね。

                               新丸ビル店 管理栄養士 伊藤梢

posted by リトル at 12:52 | Comment(0) | 管理栄養士
COMMENT
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ページトップへ