2017年06月06日

スーパーフード「ケール」の力

kk9E9A1834.jpg
こんにちは!新丸ビル店管理栄養士の伊藤梢です。
東京は、湿度が高く汗ばむ季節になりました。
梅雨が開けるといよいよ夏がやってきますね!
夏は太陽が降り注ぎ、とても気持ちの良い季節ではありますが、気になるのはなんと言っても紫外線!
日光を浴びることは、体内のビタミンDの合成を促進させて骨や歯を強くする働きがありますが、ご存知の通り、皮膚や粘膜の老化を早めてシミやそばかす、皮膚がんを引き起こす可能性もあります。
このようなデメリットは、紫外線に含まれる活性酸素という物質による働きです。

そこでリトルジュースバーでは、活性酸素を分解する抗酸化作用があるコールドプレスジュースをご用意致しました。北海道剣淵町産のケールを使用したデトックスグリーンです。
VIVAマルシェ佐藤大介.jpg
北海道の道北に位置する剣淵町の農業生産法人ビバマルシェさんは珍しい野菜を多品種栽培しています。
(写真はケールの栽培をしている佐藤大介さん)

ケールには、活性酸素を分解するフラボノールという物質がたっぷり含まれています。フラボノールとはフラボノイドの1種で、ビタミンPとも呼ばれています。フラボノイドは植物が自然界の厳しい環境から身を守るためにもともと持っている作用で、その植物を摂取したヒトの体内でも発揮されるのです。
ケール.jpeg
フラボノイドはケールの他には春菊など、緑色が濃い野菜に含まれているんですよ( ¨̮ )
抗酸化作用があるコールドプレスジュース「デトックスグリーン」は
季節によって使用する野菜の内容をを変えています。
初夏から秋にかけてはケールを、
秋から春までは春菊をメインに使用して
野菜そのものの持つ力を最大限摂取できるようにしています。

そのまま食べるには嵩張る葉物野菜も石臼式の低回転ジューサーで液体にすることで効率よく消化吸収され、栄養素と機能性成分を摂取することができます。また、同時に水分を摂ることで熱中症予防にもなります。
ヌキ プレスト グリーン.png
ディナーや休日のブランチのように楽しむものではありませんが生活習慣病を予防するためにも
毎日の習慣にリトルジュースバーで活性酸素をリセットしませんか?

新丸ビル店では先月より管理栄養士の資格を持つスタッフが一目でおわかり頂けるよう
ゴールドの名札を付けて接客応対をしております。
ご自身の健康管理についてもお気軽にご相談ください。
                            新丸ビル店 管理栄養士 伊藤梢
posted by リトル at 11:58 | Comment(0) | ニュース
COMMENT
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ページトップへ